丁度20年前の今日、平成7年1月17日、兵庫県の淡路島北部沖の明石海峡の深さ16kmを震源とするマグニチュード7.3の激震が関西地方を襲いました。淡路島北部の野島断層など六甲・淡路島断層帯の一部が動いた大型地震で、神戸市や淡路島の一部などでは震度7を記録しました。

都市部を襲った直下型だったため被害は大きく、死者6,434名(そのうち災害関連死による死者は919名)、行方不明3名、負傷者43,792名、全半壊家屋合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊家屋390,506棟、被害総額は9兆9,268億円(国予算のほぼ1割の規模)という甚大な被害が出ました。
その「阪神・淡路大震災」から20年という節目の今日、改めて、震災で亡くなられた方々の御霊(みたま)の安らかなる事、心よりお祈り申し上げます…。

e0147022_06261494.jpg
e0147022_06262043.jpg

ところで、阪神・淡路大震災を引き起こす事となったこの「1995年(平成7年)兵庫県南部地震」の震源地は、前述のように、淡路島北部沖の明石海峡でした。つまり、当時建設中であった、淡路市と神戸市を結ぶ世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」のほぼ真下が震源であったという事です。
地震発生時、明石海峡大橋では、既に主塔の設置は完了しており、当時は、吊り橋にとっては主塔と共に最も重要な要素であるメインケーブルの架設(張り渡し)を終えた段階で、建設は佳境に入っておりましたが、幸いにして、震源直上であった割には橋は大きな被害は受けませんでした。とはいえ、全く何の影響も受けなかったわけではありません。

地震後直ぐに行われた点検では、橋の構造上の異常は見つかりませんでしたが、計測の結果、中央径間の広がりと、橋台が移動している事が分かりました。この移動は、基礎がずれた事が原因ではなく、大地震により、地盤自体が動いた事によるものでした。つまり、地震により、本州と淡路島の間が1m広がったのです。
幸い、この1mの広がりは未製作の桁のパネルの長さを調整する事で対応でき、その後の詳しい解析でも橋に大きなダメージは見つからず、震災から3年後の平成10年に、明石海峡大橋は無事開業を迎える事ができました。

以下の3枚の写真は、上から順に、平成7年1月(地震発生直後)、同年12月、翌平成8年10月に、それぞれ上空から撮影された明石海峡大橋です。

e0147022_06204156.jpg
e0147022_06204612.jpg
e0147022_06205188.jpg

建設当初の明石海峡大橋は全長3,910m、中央支間1,990mでしたが、主塔と主塔の間が1m伸びた事により、完成した同橋は全長3,911m、中央支間1,991mとなりました。
国内史上初の震度7を記録した兵庫県南部地震に耐え抜き、阪神・淡路大地震という未曾有のアクシデントをも乗り越えて完成した明石海峡大橋は、直下で発生したその地震によって、図らずも橋の全長が1m伸張する事になったのです。


[PR]
# by bridgelove | 2015-01-17 21:18 | 本四連絡橋

平成二十七年 年頭挨拶

e0147022_06055590.jpg
謹 賀 新 年

輝かしい新年を迎え、その年頭に当り、全国各地に架橋されている全ての橋 及び橋を維持・運用する各種システムの安全と、橋の建設・維持に関わる人達やいつもこのブログを読んで下さる読者様の御健勝・御多幸を、心よりお祈り申し上げます。

日本最古の橋は、記録に残っているものとしては、日本書紀の仁徳天皇十四年の条に「冬十一月、猪甘津(いかいのつ)に橋を為(わた)す、即ちその處を号(なず)けて小橋と曰う」と記されている猪甘津橋とされています。第16代・仁徳天皇の御代(西暦320年代)に、現在の大阪市生野区の桃谷付近に建設されたようです。

その猪甘津橋建設から凡そ1690年が経つ本年、私は改めて、このブログ開設時の原点に立ち返って、橋の本質に着目し、つまり橋には、人や車両の往来、物流のための物理的な構築物であるという事以外に、人の心と心を結ぶ機能もあり、私にとっていろいろな意味で人生の大きなターニングポイントとなる本年、私は橋が持つその本質に肖って、昨年に引き続き、自分と周囲との間に、例え小さく細くても堅牢で耐久性が高く、決して一方通行ではない橋を、沢山架けていこうと思います。

何事にも未熟でまだまだ不勉強な私ではありますが、本年も何卒一層の御指導・御鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

なお、貼付の写真は、今回の記事の内容に因み、昨年10月に私が大阪府堺市で参拝・撮影してきた仁徳天皇陵(百舌鳥耳原中陵)の正面拝所風景です。よく知られているように、仁徳天皇陵は日本最大の古墳でもあります。

平成二十七年 西暦二千十五年
元旦


[PR]
# by bridgelove | 2015-01-01 04:18 | その他

前回の記事では、京都市東山区本町にある古刹・東福寺の境内に架かる臥雲橋・通天橋、そして、それらの橋から望む紅葉を紹介しましたが、今回の記事では、その東福寺境内の、三門前の池に架かっていた石橋を紹介します。

東福寺には、室町幕府第4代将軍・足利義持が再建した、現存する禅寺の三門としては日本最古の「三門」があります。上層に釈迦如来と十六羅漢を安置する折衷様の、壮大な五間三戸二重門です。
e0147022_10554666.jpg
その三門の正面にある長方形の蓮池の中央に、小さな石橋が架かっています。
前述の臥雲橋や通天橋とは離れた場所にあり、実際に人が渡れる構造の橋でもありますが、池の周囲に垣根があって立入禁止となっているため、一般の参拝者がこの橋を渡る機会は、通常はまず無さそうです。特別な行事や仏事の時には使われるのかもしれませんが。
e0147022_1056149.jpg
e0147022_10561346.jpg
e0147022_10562657.jpg
いかにも禅寺っぽく、装飾などは一切無い質素な、それでいて剛健な雰囲気を持つ小橋です。
[PR]
# by bridgelove | 2014-12-11 05:54 | 神社仏閣の橋

私は先月の中頃、2泊3日の日程で京都・大阪方面を旅行してきたのですが、その際、京都市東山区本町にある、臨済宗東福寺派大本山・東福寺に行ってきました。
京都市内の某学校に在学していた2年間、私は京阪電車で学校へ通学していたため、当時は毎日東福寺駅を通過しており、東福寺駅で下車した事も数回程ありましたが、実際に東福寺へと行ったのは今回が初めてでした。

1236年(鎌倉時代)に創建された東福寺は、現存する禅寺の三門としては日本最古で国宝でもある「三門」、昭和期の木造建築としては最大級とされる昭和9年に再建された「仏殿」(本堂)、明治23年に再建され近代芸術の抽象的構成をとり入れた枯山水庭園を含む「方丈」、昭憲皇太后の恩賜建築である「庫裏」などから成る主要伽藍を中心に、25の塔頭(山内寺院)を有する大寺院で、京都五山第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えてきました。

その広大な境内の、主要伽藍の北には洗玉澗(せんぎょくかん)という名の渓谷があり、洗玉澗には、西から東へ臥雲橋、通天橋、偃月橋という3本の橋(東福寺三名橋)が架けられています。
そのうちの通天橋は、本堂から通じる廊下がそのまま屋根付きの橋となったもので、この橋から望む秋の景色は特に紅葉が美しい事でも知られており、今回は、これらの橋と、境内の紅葉を見るため、東福寺へと行ってきました。
e0147022_1525273.jpg

以下の写真4枚は、南北に架かる臥雲橋を、北側から南側へと渡った際に撮影した写真です。なかなか風情のある橋です。
e0147022_1531079.jpg
e0147022_1532041.jpg
e0147022_1533257.jpg
e0147022_153415.jpg
以下の写真は、臥雲橋の橋上(橋廊)から望んだ、通天橋と境内の紅葉です。
e0147022_1535866.jpg

そして、以下の写真3枚は、臥雲橋と並行して架かる通天橋を、南側から北側へと渡った際に撮影した写真です。通天橋は、仏殿・方丈と、開山堂などを連絡する廊下の一部となっている橋です。
e0147022_1541093.jpg
e0147022_1541942.jpg
e0147022_1542870.jpg
以下の写真2枚は、通天橋の橋上(橋廊)から望んだ、臥雲橋と境内の紅葉です。とても綺麗な景色でした!
e0147022_154411.jpg
e0147022_1545250.jpg

ちなみに、通天橋は1380年(南北朝時代)に洗玉澗に架けられ、昭和34年に台風により一度崩壊しましたが、2年後には再建されました。その際、橋脚部分は鉄筋コンクリートになりました。
[PR]
# by bridgelove | 2014-12-03 07:01 | 神社仏閣の橋

昨夜は、年間240万人の観光客が訪れ「札幌の奥座敷」としても知られる、札幌近郊では有数の温泉・定山渓温泉街にある、定山渓グランドホテル瑞苑に泊まってきました。

これは、そのホテルの敷地内にあった、朱色の太鼓橋と周辺の木々の風景です。
この辺りは山間部で、札幌の市街地よりは標高が高い事もあって、紅葉はもう終わりつつある感じでしたが、紅葉が真っ盛りな時期であれば、この橋ももっと映えるのだろうなと思いました。
e0147022_1629215.jpg
e0147022_16293598.jpg
e0147022_16294911.jpg
ちなみに、橋は鉄製で、普段あまり使われてはいないようで、錆びている部分が多かったです。
[PR]
# by bridgelove | 2014-10-22 22:28 | 北海道の橋