前回の記事で書いたように、私は先月上旬、1泊2日で東京方面を旅行し、東京では、1/1スケールで再現されている実物大のガンダム立像(全高約18m)を見るためお台場に行ってきたのですが、ガンダム立像やその周辺を一通り散策した後は、お台場から新交通システムの「ゆりかもめ」に乗って新橋へと移動しました。
e0147022_145056100.jpg
そして、お台場から新橋への移動中に、ゆりかもめの車内から見えたのが、下の写真に写っているレインボーブリッジ(東京港連絡橋)です。
日頃ゆりかもめを利用している人達にとっては、特にどうという事のない日常の景色なのでしょうが、私にとっては、間近に見るレインボーブリッジというのはなかなか新鮮でした。
e0147022_14514893.jpg
e0147022_14521167.jpg
ちなみに、これはたまたま車内から見えた景色なのですが、新橋への移動中、アーチ橋の橋桁がクレーン船で運搬されている様子が見えました。これは、なかなか珍しい光景だと思います。
このような大きな物体を解体・分割等せずにそのまま運べるのは、海上輸送の大きな利点の一つですね。道路を使うにしろ鉄道を使うにしろ、陸上輸送ではまず不可能ですから。
e0147022_14523662.jpg
そして新橋に着いた後は、東京タワーにも行ってきました。東京タワーに行くのは、私にとっては多分20年ぶりくらいだったと思います。
下の写真2枚は、東京タワーの展望台から撮影してきたレインボーブリッジです。林立する高層ビル群と高架橋と巨大な吊橋と海という組み合わせが、実に東京の湾岸らしい景観です。
e0147022_14525361.jpg
e0147022_1453813.jpg

[PR]
by bridgelove | 2014-06-23 04:47 | 東北・関東の橋 | Comments(0)