「ほっ」と。キャンペーン

東京の芝浦地区とお台場地区を結ぶ、お台場のランドマークとして全国的にも広く知られている吊橋「レインボーブリッジ」については、平成20年10月31日の記事でも紹介しましたが、本日(平成25年8月26日)を以て、そのレインボーブリッジが開通してから、丁度20年が経ちました!

正式名称を「東京港連絡橋」という、首都高速(11号台場線)・臨港道路・新交通システム(ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線)からなる複合交通施設でもある橋長798mのこの吊橋は、都心と、東京臨海部に建設される副都心部とを結ぶ基幹交通施設として、昭和62年に着工しました。
そして、着工から約6年の歳月を経て平成5年に竣工し、同年8月26日に開通したので、レインボーブリッジは今日で丁度満20歳を迎えた、という事になります。

以下の写真はいずれも、私が平成20年10月に東京方面を旅行した際に撮影してきたレインボーブリッジの景色です。
e0147022_19504852.jpg
e0147022_19512551.jpg
e0147022_19513875.jpg
e0147022_19514919.jpg
海とビル群の景色や夜景などの眺望が良好な事から、レインボーブリッジは週末のドライブコースとしても人気があり、それが要因でレインボーブリッジ周辺の道路は渋滞となる事もあるそうですが、生憎私は、レインボーブリッジを車で走った事はまだ一度もありません。ゆりかもめに乗って通った事はありますが。
もし、東京を車で走る機会があったら、その時は是非レインボーブリッジを走ってみたいです。
夜間は橋の主塔やメインケーブルなどがライトアップされるため、レインボーブリッジそのものも綺麗な夜景の一部となるそうですから、夜は、少し離れた所から改めてレインボーブリッジの全景を見てみたいです。

ちなみに、レインボーブリッジの主塔の高さは120mあり、これは40階建ての超高層ビルとほぼ同じ高さに相当します。
かなりの高さですが、世界最長の吊橋である明石海峡大橋の主塔の高さは289mですから、その倍以上もの高さがあり、明石海峡大橋の巨大さにも改めて驚かされます。
[PR]
by bridgelove | 2013-08-26 19:52 | 東北・関東の橋 | Comments(0)