写真集『高架下建築』

e0147022_6322312.jpg
団地・工場・ジャンクションなどの都市風景の写真集でお馴染みの、写真家の大山顕さんが、東京・横浜・大阪・神戸で撮影した鉄道高架下建築の写真が多数掲載されている『高架下建築』(洋泉社刊、定価1,700円)という写真集を、先日購入しました。

誰が見ても一目で「橋」と分かる吊橋・斜張橋アーチ橋・トラス橋などと違い、街中を延々と何キロも続く陸橋の高架は、一般にはあまり「橋」とは認識されていない構造物ですが、鉄道高架にしろ道路高架にしろ、高架は、桁橋という構造の橋であり、その橋の下にこれだけ多様な建築物が“昭和の風情”を色濃く漂わせながら存在している事に、私は何となく嬉しく感じました(笑)。

この写真集を一読する事によって、全く統一感のない雑然とした感じ、日々の生活観を感じさせる長屋のような雰囲気、高架下建築ならではの強引な構造(例えば、地面と高架との間が2階建てにしては高いが3階建てにしては低いという場合、3階の階層が1・2階に比べると極端に低い、2.5階のような構造になっています)、高架下建築ならではの独特な形状や配置を見せるドア・窓・郵便受け・配管・植栽などの各種アイテム、ひび割れや染みなど時代を感じさせる壁、無造作に塗り重ねられたペンキや色違いのベニヤ・トタンによるパッチワークスタイルの壁など、知られざる高架下建築の世界を垣間見る事ができます。

この写真集はあくまでも高架の「下」がメインなため、高架の「上」の風景(線路や列車などの写真)は一切掲載されていませんが、「へぇ、いつも乗っている電車の下には、こんな奥深い世界が広がっていたのか!」と感じられるため、きっと鉄道好きな人も楽しめると思います。
また、巻末には「高架下建築のしおり」として、掲載された高架下へのアクセス案内や鑑賞ポイントなども載っているので、この写真集に掲載されている高架下建築を実際に見に行こうと思った時はとても便利です。
橋好き、鉄道好き、雑然とした都会の風景や“昭和の風情”が好きな方なら、絶対に買って損はない、とても面白い写真集です!
[PR]
by bridgelove | 2009-10-22 06:31 | 書評 | Comments(0)

先日、仕事の関係で美瑛町(北海道上川支庁管内にある、ラベンダー畑と火祭りで有名な町)に行ってきたのですが、美瑛から札幌への帰路は、ちょっと遠回りをして、美瑛→富良野→桂沢湖(三笠)→シューパロ湖(夕張)→札幌というルートを走って札幌に帰ってきました。
そして、夕張市(平成19年に「財政再建団体」に指定され、事実上財政が破綻した自治体として一躍全国的に有名になった市)内の、シューパロ湖岸の国道452号を走りながら撮影したのが、下の2枚の写真です。
e0147022_554156.jpg
e0147022_5542483.jpg
私が走ってきたこの道路と並行する形で、湖岸には延々と高架橋が建設されており(上の2枚の写真にそれぞれ写っている高架橋がそれです)、「随分と立派な高架橋だけど、でもこんな所に高速道路が建設されるなんて聞いてないけどなぁ。この道路、いったいなんだろ?」と不思議に思っていたのですが、たまたま、沿道にあった「夕張シューパロダム インフォメーションセンター」でトイレ休憩をした際にそこで見てきたパネルやチラシによると、私がこの時走ってきた道路は、平成25年に完成する予定の夕張シューパロダム(洪水調節・流水の正常な機能維持・灌漑用水・水道用水・発電などを目的としたダムで、大きさは現在運用中の大夕張ダムの約1.5倍)が運用されると水没してしまうらしく、建設されていた高架橋は、そのための付け替え道路なんだそうです。

ちなみに、夕張シューパロダムの上流すぐ155mの地点に位置している大夕張ダムも、夕張シューパロダムが運用開始されると63年間に亘ったダムの役割を終えて水没する事になり、かつて大夕張ダムの完成により出現したダム湖のシューパロ湖は、夕張シューパロダムの運用により、現在よりも水位が約40mも上昇して更に巨大な湖(現在の約5倍の面積、人造湖としては朱鞠内湖に次いで日本第2位)になります。

ところが、この写真を撮影した数日後、私が走ってきた道路も大夕張ダムも、急に、どちらも水没しない可能性が出てきました。
筋金入りの“脱ダム派”である前原誠司国土交通相が、マニュフェスト(政権公約)として強力に推し進めている全国143のダム事業見直し(中止するか、建設・整備を継続するかを判断する対象)に、夕張シューパロダムも含まれている事が発表されたからです。
夕張シューパロダムの工事そのものは、既に折り返し地点を越えて終盤に近付きつつある状況であり(付け替え道路もほぼ完成しています)、今後どうなるのかはまだ分かりませんが、もしかすると、このまま工事が中止されるという可能性も出てきたのです。
e0147022_555537.jpg
上の写真に写っている3本の橋梁は、私が走ってきた国道の対岸(シューパロ湖東岸)にあった、下夕張森林鉄道線夕張岳線廃線跡(昭和38年に廃止)の橋梁群です。
この橋も、夕張シューパロダムが計画通り完成し場合は水没する事になります。
e0147022_5553564.jpg
上の写真は、大夕張ダムや現在建設工事中の夕張シューパロダムのすぐ近くに架橋されている、かつて同森林鉄道が走っていた「第1号橋梁」というトラス橋で、一般にはその形状から「三弦橋」(さんげんきょう)という俗称で親しまれています。
シューパロ湖を跨いで東西両岸を結んでいる全長380.8m(支間1×39.0m、1×77.0m、5×52.08mの7連)のこの鉄道単線橋は、全国の森林鉄道の橋梁では他に例がない長大橋であり、また、四角錘を並べて頂点を結び断面が二等辺三角形になっている、かなり特異な形式のトラス橋でもあり、現存する鉄道専用橋としてこの形式が採用されているトラス橋は世界的にも希で、橋梁工学的にも極めて貴重な橋とされています。

この三弦橋の独特な構造美がシューパロ湖の周辺景観に与える影響は高く評価されており、シューパロ湖の湖面を低く横切るその美しい外観は、かつて地元の大夕張郵便局(既に廃局されています)の風景印にも使用され、地域の象徴的存在とされてきましたが、夕張シューパロダムが計画通り完成し場合は、残念ながらこの橋も水没する事になります。
この橋の水没を惜しむ土木技術者や産業遺産研究者、地元関係者などにより、三弦橋の保存や活用の道はないかと議論がされてきましたが、具体的対策がない事から同橋が消滅するのはほぼ確定していたのですが、前述のようにダム建設工事が凍結される可能性が高まってきたため、もしかすると現状のまま保存されるという可能性も出てきました。
[PR]
by bridgelove | 2009-10-12 05:52 | 北海道の橋 | Comments(0)