先月下旬、千葉県内を旅行した際に、千葉市の都心部で興味深い橋梁を見ました。
千葉都市モノレール(通称:タウンライナー)という、懸垂式モノレール(東京モノレールのように跨るタイプではなく、湘南モノレールのようにぶら下るタイプのモノレール)の橋梁です。
e0147022_1524461.jpg
上の写真は、「セントラルアーチ」という、駅前大通りを跨ぐ巨大アーチ橋で、この橋は千葉都市モノレール1号線の栄町駅~葭川公園駅間にあります。
セントラルアーチは、千葉を紹介する写真などで見かける事が多く、千葉都市モノレールの象徴的な景観となっているばかりか、千葉市のランドマークの一つにもなっていると言える橋です。
e0147022_1532047.jpg
上の写真は、1号線の栄町駅のホーム北端から撮影した、JR総武本線を跨ぐ巨大なトラス橋です(橋の名称は分かりません)。
千葉都市モノレール2号線の千葉駅~千葉公園駅間にあります。

ちなみに、千葉都市モノレールの総営業距離は15.2kmで、これは懸垂式モノレールとしては世界最長距離だそうですから、探せば、千葉都市モノレールにはこれら以外にもまだ興味深い橋梁がいくつかありそうです。
[PR]
by bridgelove | 2009-06-12 12:01 | 東北・関東の橋

先月末、東京を旅行した際に、久々に明治神宮を参拝してきました。
今から丁度一年前に開業した、東京メトロ(旧営団)最後の地下鉄とも云われる副都心線に池袋駅から乗って、明治神宮前駅で降り、小雨の降る中、同駅から歩いてお参りしてきました。

その際に私が渡ってきたのが、総面積約70万㎡(東京ドーム約15コ分)の明治神宮の杜の入口(南参道)に架橋され、JR原宿駅のすぐ傍に位置してJR線(山手線、埼京線など)を跨いでいる「神宮橋」です。
e0147022_5423350.jpg
e0147022_5425677.jpg
明治神宮が創建された大正9年に最初の神宮橋が架橋され、その後60年余に亘って使われましたが、老朽化により昭和57年に現在の橋が再架橋されたそうです。
毎年、初詣参拝者数日本一(三が日だけで300万人もの参拝者が訪れます)を誇る同神宮の神域入口に相応しい、実に重厚な橋です。

なお、この写真を撮影した時は早朝で、しかも雨天だったため、人がほとんど写っていませんが、近くの代々木競技場やNHKホールなどでコンサートが開催される時は、コンサートに向かう若者達がコスプレして大勢でこの橋の上でたむろしているそうです。
[PR]
by bridgelove | 2009-06-07 05:41 | 東北・関東の橋