神戸と淡路島を結ぶ「明石海峡大橋」は、私が最も好きは橋の一つです。
そのスケールの壮大さには、何と言いますか、とにかくゾクゾクします(笑)。

明石海峡大橋は、本州と四国を連絡する本四連絡橋の一つとして昭和61年4月に着工し平成10年4月に完成した、橋長3,911m、中央支間長1,991m、塔長高297m、桁下高65mの、世界最大・最長の吊橋です。
幅4km近い明石海峡をひと跨ぎし、中央部の約2kmの間には橋脚が1本もない という、日本の土木技術のレベルの高さを物語る吊橋でもあります。
建設費は約5,000億円、建設に従事した延べ労働者数は210万人で、とにかく全てが桁違いにスケールの大きな橋です!

そして以下の図が、明石海峡大橋の構造図です。
この図でも明らかなように、(明石海峡大橋に限らず)吊橋の補剛桁や、その補剛桁の上を走る車両などの荷重は、桁を吊っているハンガーロープからメインケーブルの引張り力として伝わって、最終的にケーブルを固定しているアンカレイジで支えられています。
e0147022_18455213.jpg

明石海峡大橋は、当初は中央支間長1,780mの道路鉄道併用橋として計画されていたのですが、社会経済情勢、旧国鉄の財政事情、道路単独橋可能可能性調査などから、昭和60年8月に道路単独橋とする方針が打ち出され、基礎の位置や上部構造の見直しが行われて、現在の形になりました。
ちなみに補剛桁上の道路は、片側3車線、上下6車線です。

中央支間長が1,991mとなった理由は、明石海峡大橋は国際航路になっていて1,500mの航路幅が決められており、工事においては航行船舶に支障を及ぼさない余裕の幅が必要だった事と、それに加え、地形・地質の状況からより経済的な径間割の検討を重ねた結果などからです。
但し、この時に正式決定した中央支間長は現在よりも1m短い1,990mで、それが1m延長されたのは、阪神淡路大震災により海底地盤が1m広がった事により、明石海峡大橋そのものがその分長くなったためです。

明石海峡大橋へは、京都に住んでいた当時何回か見学に行ってきましたが、以下の写真はいずれも、その際に神戸側から撮影してきた写真です。
e0147022_18461985.jpg
e0147022_18463417.jpg
e0147022_18465212.jpg
e0147022_18471121.jpg
e0147022_18472663.jpg

[PR]
by bridgelove | 2008-03-10 18:44 | 本四連絡橋 | Comments(0)

昨日の記事に続き、今日も、先月伊勢に旅行に行った時の話題です。
神宮(内宮)のすぐ近くに「おかげ横丁」と称される一角があるのですが、その一角の中には、江戸時代のおかげ参りを体験できる「おかげ座」という、芝居小屋の外観をした体験型施設があります。
そしてその建物内には、江戸時代の伊勢参宮街道と街並みが2分の1スケールのジオラマで再現されており、神宮をお参りした後、私はその精巧なジオラマを見学して来ました。

下の写真2枚は、そのジオラマの一群の中にあった、2棟の旅籠同士を2階で連結していた歩行者専用の陸橋です。
実際には、これは“橋”というよりもただの“渡り廊下”のような気もしますが(笑)、一応道を跨いでいるので、跨道橋といえない事もないですよね(笑)。
こういった橋“もどき”も、個人的には結構好きです。昨日の記事で紹介した亀石も、どちらかというと橋もどきといった感じですし…。
e0147022_18245017.jpg
e0147022_18255417.jpg

[PR]
by bridgelove | 2008-03-05 18:23 | これも橋? | Comments(0)

亀石 ~一枚岩の橋~

e0147022_17581256.jpg

先月、三重県伊勢市の神宮に参拝に行って来た際に、外宮境内の御池(みいけ)という池にとても小さな橋が架かっているのを見つけました。それが、この「亀石」という石橋です。
その気になれば一跨ぎで渡り切ってしまえる程の小さな橋ですが、実は一枚岩の珍しい橋です。
亀の形に似ている事から「亀石」と呼ばれているそうです。
[PR]
by bridgelove | 2008-03-04 17:56 | 神社仏閣の橋 | Comments(0)

e0147022_17492665.jpg

先月、「伊勢神宮」の名で広く知られている、三重県伊勢市の神宮に参拝に行って参りましたが、その際、五十鈴川に架かる長さ101.8m・巾8.42mの総檜造りの橋「宇治橋」を渡ってきました。

神宮の中心地(最も聖なる場所)である内宮へ行く参拝者は必ずこの橋を渡らなくてはならず、そのため、この橋は年間600万人のも人々が渡り、この橋そのものが“お伊勢さん”のシンボルともなっています。
この橋は20年毎に架け替えられるため、年間600万人が渡るという事は、単純計算すると20年間で、日本の人口とほぼ同じ1億2千万人が渡る計算になります!
宇治橋の縦の中心線の辺りがちょっとへこんでいるのは、それだけ人が歩いた証でもあるのです。

ちなみに、「伊勢神宮」という神社名は実は俗称で、本当は漢字二文字だけの「神宮」が正式名称です。
[PR]
by bridgelove | 2008-03-02 18:48 | 神社仏閣の橋 | Comments(0)