「ほっ」と。キャンペーン

レインボーブリッジ ~東京港のランドマーク~

先日、2泊3日の日程で東京に行って来たのですが、最終日の3日目は、浅草から隅田川を下る水上バスに乗ってお台場まで移動し、船内から、隅田川に架かる橋や、東京港に架かるレインボーブリッジなどの橋を見学してきました。

本当は、永代橋、清洲橋、勝鬨橋など隅田川に架かる名橋の数々を正面からじっくりと見学したかったのですが(そのためにざわざわ隅田川を下る水上バスに乗ったのですが)、生憎私が乗った水上バスは、船体のデザインは未来的で格好良かったのですが(SF漫画の大家として知られる松本零士先生のデザインだそうです)、客室内には正面側に窓が無く、側面の窓は全て密閉型で、外に出られるデッキもなかったため、それらの橋を正面から見る事ができず(側面の窓からしか見えなかったため橋の全景も見られませんでした)、その点は不満でしたが、東京港に架かるレインボーブリッジは、逆に海上を走る水上バスからしか狙えない角度から見る事ができ、まぁその点については取り合えず満足できました(笑)。
e0147022_5434643.jpg
e0147022_54445.jpg
上の2枚の写真が、水上バスの船内から撮影したレインボーブリッジの写真で、下の2枚の写真が、水上バスを降りてお台場の海岸(お台場海浜公園)から撮影したレインボーブリッジの写真です。
ちなみに、この文章のすぐ下の写真に写っている船が、私が乗船した水上バスです。
e0147022_14361788.jpg
e0147022_5443733.jpg
芝浦とお台場との間に架かる橋長798mのこの吊橋「レインボーブリッジ」(竣工は平成5年)は、トラスの橋桁の上層を高速道路(首都高速11号)が、下層を一般道(都道482号)・歩道・鉄道(新交通システムゆりかもめ)が通る、上下二層構造の橋です(この点は瀬戸大橋や横浜ベイブリッジも同じです)。
しかし、この橋が他の吊橋と比べて明らかに異なる外見上の最大の特徴は、芝浦側に側径間を設けるスペースが限られていたため、中央径間と比べて側径間が非常に短い点です。これは、他の吊橋を見慣れている人なら、橋に興味のない人でもすぐに気が付くはずで、私もレインボーブリッジを水上バスの船内から見たとき、何だか違和感を感じました。
そのため、東京の人には申し訳ないのですが、白鳥が翼を大きく広げたような優美な曲線を描いている明石海峡大橋白鳥大橋などに比べると、何となく翼を完全には開ききっていない感じのレインボーブリッジは正直あまり見栄えが良くなく、全体的にやや窮屈な感が拒めません(あくまでも私の主観ですが)。

とはいえ、側径間を気にしさえしなければレインボーブリッジが美しい橋である事は間違いなく、東京港のランドマークとして全国的にもその知名度は高く、また、平成15年に公開された映画 『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の舞台としてもよく知られている橋です。
[PR]
by bridgelove | 2008-10-31 05:55 | 東北・関東の橋 | Comments(0)