二重橋 ~皇居と東京を象徴する橋~

一昨年の5月、東京を旅行した際に、皇居を参観して頂きました(事前に宮内庁のホームページから申し込んでから行きました)。
宮内庁職員の案内により、他の見学者達と共に桔梗門から皇居内に入り、元枢密院庁舎、富士見櫓、宮内庁庁舎の前を通って宮殿前(宮殿東庭)まで行き、その後は二重橋を渡るなど、普段は見る事のできない場所をいろいろと歩いて見学する事ができ、(窓明館以外の建物の中に入る事はできなかったものの)私にとってはとても貴重な経験となりました。

ところで、二重橋といえば昔から東京の象徴として、浅草寺や東京タワーと共に東京観光の定番スポットにもなっていますが、一般に二重橋と称されている皇居正門前の石橋は、正確には「正門石橋」といい、現在使われている「二重橋」という呼称は、厳密にはその正門石橋と、更に奥にある「正門鉄橋」の二つの橋の総称です。
正門石橋が二連アーチになっているから二重橋と称されるようになった訳ではなく、技術的な問題から正門鉄橋が二段構造になっていた事から二重橋と称されるようになったそうで、そのため本来の二重橋という言葉は、あくまでも「正門鉄橋」のみを指していました。
時代に経過と共に、正門石橋も「二重橋」に含まれるようになっていったのです。

下の地図で「二重橋」と記されている橋が、その正門鉄橋(本来の二重橋)で、皇居正門前の橋(「丸の内警察署祝田町見張所」の「丸」の字がかかっている橋)が、一般に二重橋と称されている二連アーチの正門石橋です。
e0147022_7154689.jpg
下の写真は、丸の内警察署祝田町見張所の前から見た、二重橋濠に架かっている正門石橋と、皇居正門です。
なお、この正門石橋は、通常は渡る事はできません。
e0147022_7163350.jpg
下の写真は、正門石橋を東側の側面から撮った、正門石橋の全景です。
静寂の中で見る、少し靄のかかった石橋は、とても幻想的な雰囲気を醸し出していました。
e0147022_7165972.jpg
下の写真は、正門鉄橋の上(正門石橋の西側)から撮影した正門石橋です。
正門鉄橋は皇居内にあるため、ここも事前に申し込んだ参観者以外は、通常は渡れません。
e0147022_717309.jpg

[PR]
by bridgelove | 2008-08-21 06:14 | 東北・関東の橋 | Comments(0)