神戸大橋 ~日本初のダブルデッキ・アーチ橋~

神戸を代表する景色の一つにもなっている、真っ赤な姿が印象的な神戸大橋は、神戸市中央区の新港第四突堤と、神戸港に埋め立てられて造られた人工島ポートアイランドとの間を結ぶ、全長319mのダブルデッキ(2階建構造)のアーチ型鋼橋です。
ちなみに下の写真は、「神戸ポートタワー」(108m)の最上階から撮った神戸大橋の遠景です。
e0147022_6422919.jpg
神戸大橋は昭和45年に日本で初めて造られたダブルデッキのアーチ橋で、上層階の車道が北(三宮方面)行き、下層階の車道が南(ポートアイランド方面)行きの一方通行になっており、下層階の車道の両側には幅3mの歩道がそれぞれ設けられていて徒歩で橋を渡る事も可能です。
この歩道から望む神戸の街の眺望や夜景は特に素晴らしく、同橋の歩道は神戸港一帯を見渡す事ができる穴場スポットとしても知られています。
また、神戸大橋のすぐ隣には、同橋と並んで新交通システム「ポートアイランド線」のアーチ橋が架かっており、遠くから見ると神戸大橋と一体化して見えるこの橋にはポートライナー(ゴムタイヤで走る鉄道)が走っています。

下の写真は、神戸港を航行中の船のデッキから撮影した、神戸大橋の全景です。御覧のように、とても綺麗なアーチ橋です。
歩行者は少ないですが、車の交通量はそれなりに多いです。
e0147022_643142.jpg
下の写真2枚も航行中の船のデッキから撮影したもので、神戸大橋の真下をくぐる直前と、くぐり終えた直後にそれぞれ橋を仰ぎながら撮りました。
6両編成の車両が写っていますが、これがポートライナーです。
e0147022_6432389.jpg
e0147022_6434767.jpg
これは橋の真下から撮った写真で、こうして間近で見ると、神戸大橋とポートライナーのアーチ橋は、隣接はしているものの繋がってはいない、別の橋である事がはっきりと分かります。
e0147022_644451.jpg
これは、これから神戸大橋を渡ろうとする神戸空港駅行きのポートライナー車内(先頭部)から撮影した同橋の写真です。
この写真からは、神戸大橋のアーチは二重になっているものの、ポートライナーが通る橋のアーチは二重にはなっていない事が分かります。
e0147022_6442843.jpg
ちなみに、今日の記事に貼付の写真は全て、先週神戸に行った際に撮影してきたものです。
[PR]
by bridgelove | 2008-06-25 06:48 | 中部・近畿の橋 | Comments(0)