明石海峡大橋を渡った思い出

本州と四国を結ぶ本四連絡橋(神戸・鳴門ルート)の一つとして、明石海峡を横断して神戸と淡路島を連絡している世界最長の吊橋「明石海峡大橋」は、3月10日の記事で詳しく紹介させて頂いたように、私の最も好きな橋の一つです。
その明石海峡大橋へは、学生として京都に住んでいた当時、学校の休みを利用して何回か見学に行ってきましたが、以下の写真はいずれも、その際に同橋を撮影した写真です。

下の写真は、明石海峡沿いに走る国道2号線上から、間近に迫る明石海峡大橋を望んだ情景です。
長さ84.5m、幅63m、高さ47.5mもある超巨大なアンカレイジ(ケーブルから伝達される張力に抵抗する巨大なコンクリート塊の橋台)が目を引きます。大迫力です!
e0147022_7465397.jpg
下の写真は、明石海峡大橋に繋がる、神戸側の高架橋(舞子トンネルと同橋を結ぶ延長501mの道路橋)上に設けられている高速バスの停留所です。
この停留所はJR舞子公園駅の上(地上40m)にあり、同駅や、山陽電鉄の舞子公園駅などと直結し、三宮もしくは明石方面から列車に乗ってここで降りた場合、ここから淡路島や四国へと向かうバスに乗り換える事ができます。
私も、この写真を撮った時はここから高速バスに乗って同橋を渡り淡路島へと行って来ました。
高さが約300mもある、超高層の白い主塔(その高さは東京タワーの333mに匹敵します)も見えます。
e0147022_7471477.jpg
下の写真2枚は、明石海峡大橋を淡路島に向かって走行中の、高速バス車内から前方を撮ったものです。
片側3車線、上下6車線の広い道路(橋桁の全幅は35.5m)です。
e0147022_7473290.jpg
e0147022_7475110.jpg
下の写真は、明石海峡大橋を渡った直後にある淡路島側のバス停(ハイウェイオアシス淡路SA)で下車した際に、すぐ近くの展望台から同橋を背景に神戸側の光景を撮ったものです。
e0147022_748830.jpg

[PR]
by bridgelove | 2008-05-19 07:48 | 本四連絡橋