宇治橋の模型

e0147022_20351169.jpg
去年の丁度今頃(平成19年4月24~30日までの1週間)、札幌の三越デパートでは、10階の催事場にて「伊勢神宮展」というイベントが開催されました。
同展では、三重県伊勢市にある「神宮」(いわゆる伊勢神宮)についてのパネル・模型や、文化財、祭器具、装束など様々なものが展示され、そして、同展のシンボルとして会場の中央には、伊勢の五十鈴川に架かる宇治橋の大きな模型が展示されました(実物の宇治橋については先月2日の記事を御参照下さい)。

模型とはいっても、実際にその上を人が歩いて渡る事ができるものでしたから、模型としてはかなり大きなものでした。
勿論、実物の宇治橋と比べるとその大きさは全く比較になりませんが、しかし、幅2m強程度の小川になら実際に架けられるほどの大きさはありました。

当時私は、伊勢神宮展にはスタッフの一人として関わっており、そのため同展の開催前日は、他のスタッフの人達と一緒に、その宇治橋の模型を会場に搬入・設営する作業を手伝いました。
しかし、この宇治橋の搬入は、かなり大変な作業でした。
というのも、この宇治橋の模型は一体型で分解できない構造のため、その大きさから業務用のエレベーターに直接載せることができず、閉店後に店内にあるお客さん用の普通階段を使って10階まで運ぶしか運搬手段がなく、そのため私達は三越の閉店時間(午後8時)まで待ち、閉店後、1階の搬入口から、搬送業者とともに総勢20名近くで、宇治橋を1階から10階まで、30分程かけて運び上げたのです。

そして、大変な思いをしながらも何とか宇治橋を会場に設営した後は、実際の宇治橋と同じ情景に少しでも近づけるため、宇治橋の前に鳥居も組み立てられました。それが、上の写真です。
大変でしたが、今となってはいい思い出です(笑)。
[PR]
by bridgelove | 2008-04-30 20:44 | これも橋?