白鳥大橋 ~関東以北最大の吊橋~

北海道南西部の室蘭市には、全長1,380m・主塔高140m・航路幅300m・幅員14.25mの、関東以北では最大の「白鳥大橋」という吊橋があります。
この橋は、昭和56年に着工し、今から丁度10年前の平成10年に完成・開通しました。
下の写真は今から6~7年前に、車で白鳥大橋を渡りに行った時に南側(絵鞆半島側)から撮った同橋の写真です。御覧のように、とても美しい吊橋です!
e0147022_7153460.jpg

そして、下の写真は今から10年程前にバイクで白鳥大橋を渡りに行った時に、南側(絵鞆半島側)から撮った同橋の全景写真です。
橋の南側では道路がループを描いている様子がよく分かります。
e0147022_7275981.jpg

室蘭市は絵鞆半島を中心に市域が広がっている街で、現在の市の経済的・商業的な中心地は半島よりも内陸部の東室蘭駅周辺ですが、一昔前の市の中心地・繁華街は絵鞆半島中程の室蘭駅周辺で、室蘭駅周辺は現在でも市の行政的な中心地として、市役所や胆振支庁、その他の行政機関が置かれています。
白鳥大橋は、その絵鞆半島先端の祝津地区と、対岸の陣屋地区とを結ぶ、室蘭湾の入口に架かる巨大な吊橋(国道37号の一部)で、夜は風力発電によるライトアップが行われ、室蘭の観光名所にもなっています。

基幹産業であった鉄鋼業の大規模な合理化・縮小化や、苫小牧での大規模開発などにより、かつては20万人近くいた人口が平成17年にはついに10万人を下回るまでに室蘭市は衰退が著しく、はっきり言いまして、白鳥大橋はこのような衰退著しい街には不釣合い(失礼!)な程に立派で美しい吊橋です。
そもそも、計画当初では橋完成時の室蘭圏全体の人口は35万人と想定されていたのですが、既に完成前には、人口減少により想定していた交通量は見込めない事が確実となり、同橋の運営を委託する予定だった日本道路公団(当時)が採算に合わないとして受託に難色を示し、また北海道も、道路公社を設立して運営するのは困難としたため、暫定無料として供用が始まりました。
これほど大規模な橋梁が無料で開放されるのは全国的にも珍しく、あくまでも「暫定無料」なのですが、現時点では有料化される目処は立っていません。というか、現在ではそれ程需要が高い訳でもないので、有料化されたらほとんど利用されなくなると思いますが…。

ちなみに、下の写真は3~4年程前に、新千歳空港から羽田行きだったか関空行きだったかの便に乗った際に、飛行機の窓から撮影した室蘭市の全景です。
室蘭湾の入口には、白鳥大橋がはっきりと写っています。
e0147022_716432.jpg

[PR]
by bridgelove | 2008-01-13 06:32 | 北海道の橋 | Comments(0)