天保山大橋 ~安治川河口を跨ぐ阪神高速道の斜張橋~

先週、1泊2日という短い日程ではありましたが、大阪方面(主に大阪市と堺市)を旅行してきました。
但し、1日目は夕方まで普通に仕事があったため、夜に新千歳空港を発つ便に乗り関空へ向かったので、大阪周辺を見て回れる日は、事実上、その翌日の1日のみでしたが。

2日目の午前中、私は大阪市内の西九条駅から桜島線(通称:JRゆめ咲線)の電車に乗って終点の桜島駅まで行き、同駅から徒歩で天保山渡船場(桜島側)まで行き、そこから渡し船に乗って安治川河口を横断して天保山渡船場(築港側)へ渡り、そして、そこから徒歩で大阪港駅まで行って、大阪市営地下鉄中央線(コスモスクエア行き)に乗ったのですが、その移動の過程で(具体的には、桜島駅から築港側の天保山渡船場までの移動中に)私の眼前に見えたのが、この、天保山大橋(てんぽうざんおおはし)です。

天保山大橋は、阪神高速5号湾岸線の一部となっている、安治川河口に架かる全長640mの3径間連続鋼斜張橋で、阪神高速道路が安治川を跨ぐため平成2年に架橋されました。
大阪市此花区桜島と同市港区築港とを結んでおり、安治川を大型船が航行出来るように航路幅や橋の高さが確保されていて、中央径間長は350m、主塔高は152m、桁下高は45mあります。

以下の写真はいずれも、桜島駅前から見上げて撮影した、天保山大橋です。間近で見ると、やはりデカイです。
e0147022_15445355.jpg
e0147022_1545934.jpg
e0147022_15453575.jpg
e0147022_15455045.jpg

以下の写真も桜島駅前から撮影したもので、これは、地上から主塔の頂上まで、主塔外壁に沿って進むらしいリフト(エレベーター)のゴンドラとそのレールを撮影したものです。橋の保守・点検・整備等に使われるのでしょうが、個人的には、こういった設備もとても興味深いです。
e0147022_1546547.jpg
e0147022_15462061.jpg

この橋にほぼ沿って、前出の渡し船が運行されているのですが、以下の写真はいずれも、その渡し船の船上から撮影した、天保山大橋です。こうやって全景を見ると、やはり美しい橋です。
e0147022_15463438.jpg
e0147022_15465372.jpg
e0147022_1547321.jpg

この橋のすぐ近くには、世界最大級の水族館「海遊館」や、その海遊館を含む一連の商業施設「天保山ハーバービレッジ」、そして、関西を代表するテーマパークのひとつである「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」などがあり、それらと合わせてこの橋自体も、大阪の新しいシンボルゾーンとなっているこの一帯のランドマークとなっています。

ちなみにこの橋は、その技術の高さから「平成2年度 土木学会田中賞(作品部門)」を受賞しています。
[PR]
by bridgelove | 2014-10-15 06:43 | 中部・近畿の橋 | Comments(0)