8時間で橋が完成! 日本の技術力に世界が称賛

以下は、東日本大震災で橋が崩落した場所に仮設橋を設置する作業等が紹介されている、YouTubeにアップロードされている動画です。



全長60mの橋のうち、その半分に相当する残り30mの復旧を行うのに、橋桁の設置に45分、床材のパネルを敷き詰めるのに7時間、計8時間程度で完了させてしまう、日本の高い技術力には感心させられます。

陸上自衛隊が使用したパネル橋MGBの事例も紹介されており、こちらは、全長40メートルの橋を8時間で組み立て完了していました。海外では戦車の通行にも用いられている程の強度を誇るそうです。

また、陸上自衛隊が使用した92式浮橋も紹介されており、これは、トラックの荷台に載せている箱型の機材を水上に滑り下ろすと、着水した途端僅か7秒でそれが橋に展開し、それらの橋を繋ぎ合わせるといかだ型の浮橋になるというものです。これも、戦車や重機の運搬が可能です。
[PR]
by bridgelove | 2013-09-26 22:11 | その他 | Comments(0)