ビジュアルガイド『日本の名橋 完全名鑑』

e0147022_10554236.jpg
昨日、日本全国の200以上もの美しい“名橋”がオールカラーで掲載されている『日本の名橋 完全名鑑』というビジュアルガイドブック(一般社団法人日本橋梁建設協会監修、廣済堂出版刊、定価1,680円)を購入しました。

この本は、「日本の橋の楽しみ方」「日本の名橋探訪のための基礎知識」「東京ゲートブリッジ」「北海道・東北の橋を見に行く」「関東・甲信越の橋を見に行く」「東海・北陸の橋を見に行く」「近畿の橋を見に行く」「中国・四国の橋を見に行く」「九州・沖縄の橋を見に行く」の各章から構成されていて、また、「東京 隅田川の橋を訪ね歩く」「大阪 中之島周辺橋めぐり」という2本の特集記事と、「サイクリングで江戸川の橋を完全制覇」というコラムも掲載されており、かなりボリュームのある内容です(ちなみに本の厚さは1.1cmで、全160ページ)。

これだけ沢山の橋が、綺麗なカラー写真で一挙に見られる訳で、しかも事実上の写真集としては値段も抑え目なので、私としては大いに満足できる本でした。
掲載されているのはほとんど有名な橋ばかりで、マニア向けといえるような橋は少ないですが、それでも橋好きの方であるなら、絶対に買って損はない、オススメの本です!

ちなみに、我が北海道の橋としては、上士幌町の松見大橋、室蘭市の白鳥大橋、夕張市の三弦橋、上士幌町のタウシュベツ川橋梁、幕別町の十勝中央大橋、旭川市の神居大橋、旭川市の旭橋、釧路市の幣舞橋、厚岸町の厚岸大橋の9橋が掲載されていました(掲載順)。
これから時間のある時には、時々この本を開いて癒されたいと思います(笑)。
[PR]
by bridgelove | 2013-03-14 22:55 | 書評