「ほっ」と。キャンペーン

関門橋 ~本州と九州を結ぶ日本の大動脈~

本州四国連絡橋の一つとして明石海峡に架かる世界最大・最長の吊橋明石海峡大橋」や、北海道の室蘭港に架かる優美な吊橋「白鳥大橋」などと共に、私が今まで見てきた各地の長大橋の中で特に印象に残っている橋として挙げる事のできる、本州(山口県下関市)と九州(福岡県北九州市門司区)とを結んでいる「関門橋」について、今日は解説させて頂きます。

下の写真が、平成18年3月に関門海峡を航行する遊覧船上から撮影した、その関門橋の全景です。関門橋は、関門海峡に架かる唯一の橋であり、本州と九州とを結ぶ日本の大動脈(背骨)の一つでもあります。
e0147022_1971372.jpg
この吊橋は、橋長1068m・最大支間長712m・主塔高(海面上)141m・桁下高(海面上)61mの、1日約8万台の通行が可能な全6車線の自動車専用橋で、完成当時は東洋一長大な吊橋でした。
関門国道トンネルの激増する自動車交通量(年約800万台)を緩和するため、昭和43年に関門自動車道の一部として起工し、5年5ヶ月の工期を経て昭和48年に完成した橋で、山口県側では中国自動車道に、福岡県側では九州自動車道にそれぞれ接続しています。

なお、建設費が割高なためと、並行する一般道の国道2号線(関門国道トンネル)と交通量を適正配分する必要性から、関門橋を含む下関IC~門司港IC間の通行料金は、開通当時から1kmあたり普通車で64円と高額(通常区間の約2.6倍)に設定されています。
但し、関門国道トンネルの補修作業(同トンネルは開通から半世紀を経ており老朽化が著しく、定期的に大規模な補修作業を繰り返さなければならないのです)によりトンネルが全面通行止めになる時は、下関IC~門司港IC・門司ICの区間に限り、関門国道トンネルと同じ料金で関門橋を利用する事ができます。

ちなみに、私は今から約9年前の平成12年9月、日本縦断ツーリングの最中に、バイク(250cc)でこの橋を実際に渡ってきました。バイクを運転して渡ったため、運転中に写真を撮る事はさすがにできませんでしたが。
以下に、今から約2年半前の平成18年3月に私が撮影した関門橋の写真を5枚貼付させて頂きます。
e0147022_1973726.jpg
上の写真は、関門海峡を航行する遊覧船上から撮影した、関門橋の下関側の風景です。
アンカレイジ(橋の両端にある、地中に造られた強固な土台の事で、主塔から垂れているケーブルが固定されています)に接して見える建物は、関門自動車道を北九州方面に向かって走る車(関門橋を渡る直前の車)が利用できる「壇之浦PA」の一部です。

海上には貨物船が航行している姿も見えますが、関門橋の橋桁の高さは海面から61mもあるため、大型の船舶もほとんどが支障なく関門橋の下をくぐる事ができます。
ちなみに、東京港のランドマークとして知られるレインボーブリッジの場合、橋桁の高さは海面から52mです。
e0147022_197587.jpg
上の写真は、遊覧船上から撮影した、関門橋の北九州側の風景です。
アンカレイジと同じ高さの場所に見える、この写真の中では最も右側に位置する建物は、関門自動車道を下関方面に向かって走る車(関門橋を渡る直前の車)が利用できる「めかりPA」の一部です。
e0147022_1983054.jpg
上の写真は、関門橋をくぐる直前の遊覧船上から下関側の方向を撮影した写真です。橋桁の構造がよく分かる写真です。
e0147022_1985886.jpg
上の写真は、関門橋の下をくぐっている最中の遊覧船上から北九州側の方向を撮影した写真です。
潮見鼻から柁ヶ鼻にかけての半島部分と、標高175mの古城山(門司城跡)などが一望できます。
e0147022_1992332.jpg
上の写真は、平成16年に関門海峡の下関側海岸に建立された石碑「壇の浦古戦場址」の前から、北九州方面を望んだ写真です。
源平最後の激戦が行われた海として知られる壇の浦や、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘地として有名な巌流島、馬関戦争(下関事件と四国連合艦隊砲撃事件)の舞台となった海域及び古戦場など、関門海峡には歴史の表舞台となった史跡が多くあります。
[PR]
Commented by め~さん at 2013-11-05 21:25 x
私も好みはありますが橋好きです。ちなみに船好きですので特に関門海峡が好きです。海外にも素敵な橋がありますので是非機会あればアップして下さい。
Commented by bridgelove at 2013-11-27 18:20
>め~さんさん

こんにちは! 橋と船が好きなのですね♪
海外の橋は、興味はあるものの現物を見る機会が全く無いため、写真のアップはなかなか出来ませんが、今後はこのブログでも取り上げていきたいなと思っています。
今後も宜しくお願い致します!
by bridgelove | 2009-07-24 19:11 | 中国・四国・九州の橋 | Comments(2)